一二・二四事件


一二・二四事件とは、しりまろが引き起こした一連の7事件(総称:SSDS, Shirimaro Seven Deadly Sins)の中で、最も甚大な被害が確認されているチーム史上最悪の自爆テロ事件である。被害者は首謀者のしりまろを含む、下谷しゅーアクアの4名。

概要

時は2015年12月23日から24日にかけての深夜、ShadowCoreメンバーを主体とした『世界を壊す流転の徒花』固定メンバークエストを終えた上記4名は、続く午前1時からの『採掘基地防衛戦:終焉』に参加することとなった。当該のクエストは当時実装初期で難易度も高く、報酬には新☆13であるオービットシリーズが設定されるなど、諸アークスにとっては所謂“アツイ”クエストであったと言える。

メトロイドスーツ
ここまでは平和だった

しりまろをPTリーダーに据え、意気揚々とクエストへ向かう4名。アクアを除く3名はSCカラーで統一された疑似“メトロイド”スーツに身を包んで思い思いのオンラインメッセージを表示(例:絶対防衛するマンなど)させるほどの浮かれっぷりだったと伝えられている。

奇跡的に一命をとりとめた下谷は後にその手記の中で『翌日に迫ったクリスマスイヴに予定が入っていないことを心の隅で憂う私にとって、仲間と参加するあのクエストはまさに光明だった』と記している。

しかし孤独な青年の掴んだこの小さな幸せは、“PTパス解除失念”というこれまでにない手法を用いた残虐なテロによって儚くも打ち砕かれたのである。

“PTパス解除失念”は今でこそテロ行為として広く認知されているが、当時は年に数件がヒューマンエラーとして確認される程度でテロへのコンバートは本件において首謀者であるしりまろがアークス史上初めて行ったとする見方が強い。その概要は“PT設定”で“他PTとのマルチプレイも制限”にチェックを付けたうえでパスワードをかける、というごくシンプルなものであるが、その簡便さとは裏腹に効果は絶大であり、12人マルチクエストであっても自身のPTあるいはパスワードを知るメンバーを含むPT以外は参加できないという制限を課すものである。“固定メンバークエスト”では必須の設定であるものの、これを解除することは“家に帰るまでが遠足理論”に裏打ちされている通りPT主催者であれば当然の義務である。しかしこれを意図的に失念することでしりまろは、強制的に他PTの参加を排除し、当時最難関クエストに参加人数4人という鬼畜の所業と言わざるを得ない状況を作りだしたのである。被害者の一人であるしゅーはSCNのインタビューに対し『いつもより採掘基地が広く見えた』と語っている。

制裁と収束


添付ファイル: file151223_01.jpg 54件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-16 (火) 23:44:47 (548d)